こんにちは!長谷部です🐰🌼

梅雨が明けて毎日暑すぎるくらい暑いですね😂みなさん水分補給を忘れずに!

今回は「足底筋膜炎」についてです。

 

足底筋膜炎とは…

長時間立ったり座ったりすることが多い中年の方に多く見られる疾患で、

かかとのやや内側に鋭い痛みが生じます。
また、階段を上る時やつま先立ちで痛みが増加します。
朝起きて最初の一歩目に痛みを感じ、歩いているうちに痛みは徐々に軽減し歩行量が増えるに従って再び強く痛みます。

この症状はスポーツをしている時にもみられ、

ランニングなどの開始時は強い痛みを感じますが、運動を続けているうちに徐々に痛みは

軽くなり、長時間行っていると再び強い痛みが生じます。

 

 

足には土踏まずがありますが、この土踏まずは足の骨がアーチ状に形成されています。

このアーチ状の骨組みを支えている筋肉を覆っている膜(筋膜)が靭帯のような組織になっていてこれらを足底筋膜と呼んでいます。
この足底筋膜のほとんどは踵の骨から始まって、

足の指を曲げたり開いたりする筋肉を覆って走行しており、

最終的には足の各々の指の付け根に付着しています。

ランニングやジャンプによって、足に体重がかかった時にこの足底筋膜は緊張し、

とくにキックのように足の指が反った時に緊張が強まります。
このような緊張が繰り返し、そして長時間かかると

主に足底筋膜の踵骨の付着部や土踏まずの部分に炎症が起こり痛みが生じます。

 

 

治療法として当院では、

急性期:3D電気刺激装置

慢性期:超音波

での治療を行っております。

また、根本改善として姿勢を整えて歩き方を改善する

姿勢矯正&姿勢指導のメニューをご案内しております。

 

 

少しでも足の裏や踵周りに痛みや違和感がありましたら

ぜひお越しください!

 

 


小岩駅徒歩4分!骨盤矯正・整体・肩こりなどは江戸川区のこいわ整骨院へ!

〒125-0053 東京都江戸川区南小岩7-29-2
TEL:03-6801-7789